それはさておき、本日は一週空いてしまいましたが前回の続きからになります。2013年のお話しになります。

前回の終わりでもチラッと書いたのですが、この年はゲストハウスのお手伝いを辞めて本州に戻ることにしました。

理由としてはと就職するのであれば、就職先が少なく労働賃金が低いこと。パチスロを本格的にやるなら、もっと設定狙いができて、天井狙いもできる地域のほうが良いと思ったからです。
その他の理由で大きかったのは『沖縄はウォシュレット普及率がワースト』だったからです。男性と違って、こう、あれなんですよ。あったほうがいいんです、体の作り的に考えて。

ということで、4月に沖縄から本州へ渡るフェリーに乗り込みました。来た時と同じ運行会社のフェリーに乗って帰ることになってので、非常に感慨深いものがありました。フェリーがどんどん本当から離れていって、色々な思い出が胸にこみ上げてきて

船酔い再び
images (4)

沖縄へ向かうフェリーに乗った時に滅茶苦茶酔ったのは寝不足が原因かなと思って、今回はちゃんと寝たから大丈夫と判断してたのが大間違いでした。船内の売店で購入した酔い止めを飲んだのですが、時すでに遅し。 結局、マーライオン(シンガポールの噴水)を繰り返し廊下でぐったりしていたところを発見されて、お手洗いが付いてる部屋に案内されるという迷惑のかけっぷりでした。まさに『まるで成長していない』

そんな状態の私を乗せてフェリーは本州へ向かうのでした。続きはまた来週、このお時間の予定です。

~沖縄で最後に思い出に残った機種~

ワンバー(niftyパチスロ図鑑)

今でいう所のビンゴの様な感じの台で『ふぅあ』待ちの台。天井は999G。自己最高ふぅあは777G。収支はもちろん負け越し。純増2枚?の割には増えない、単発祭りで辛かったです(;´・ω・)

~お・ま・け~

ゲストハウスのお手伝いをしてて、思い出に残ってること。夜にゲストハウスのリビングで、旅行に来てた若い男の子に呼び止められたんですよ。男の子と私、他には誰にもいない状況です。

男の子「あ、お疲れ様です」

私「あ、お疲れ様です」

男の子「あの…、言いにくいんですけど、―ください」

私「えっ?」

男の子「やっ、YARASETEください!!」

ダウンロード (2)

旅行先のテンション怖っ。丁寧にお断りさせていただきました。本音を言えば『岩山両斬波』してやりたかったです。沖縄での色恋沙汰?。恋愛なんて都市伝説ですよ。

本日も最後まで閲覧いただき誠にありがとうございました☆
にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
変態紳士はポチをお願いします

-----sponsored link-----