去年の天皇賞・秋の40k負けは、今年の天皇賞・秋で取り返す(キリッ

毎年似たようなセリフを言ってる気がしますが、それはさておき思い出のレースシリーズを書いていきたいと思います。その前にお約束のCM。



これから競馬を始めようという方に、ぜひ読んでいただきたいと思います。

それはさておき、今回の思い出のレースは2008年の天皇賞・秋です。 私が競馬を始めてから見たレースの中で一番感動したレースです。
主な出走馬は牝馬ながらに2006年のダービーを制したウオッカ。2008年のダービー馬、ディープスカイ。 そして、デビュー以来連対を外したことのない牝馬、ダイワスカーレット。出走表を改めて見直しましたが、本当に豪華なメンバーですね。

それでは2008年天皇賞・秋のレース動画を一緒に見ていきましょう。私が購入した馬券はダスカ→ウオッカ、ディープスカイへの馬単でした。ダスカは7番で青色の帽子。ウオッカは14番のオレンジ色の帽子。ディスカは2番の白い帽子となっております。


結果の詳細はJRAのHPへ

動画だと斜めのカメラでわかりにくいのですが、本当に接戦だったんですよ。どちらが1着かの審議に15分くらいかかっていたと思います。結果はハナ差でウオッカが1着。ダスカは2着、ディスカは3着。
今見ても、いえ何度見ても素晴らしいレースです。ぶっちゃけ、このレースを見て泣きました。それ故に印象に残っている、思い出のレースなんです。その涙の中に馬券を外した悔しさも、ちょっとは入ってますけど

皆さんの思い出に残っている天皇賞・秋はどのレースでしょうか?今年も素晴らしいレースが行われますように☆彡

本日も閲覧頂き誠にありがとうございました。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
人馬ともに無事なレースを願うポチをお願いします☆彡

-----sponsored link-----