今週は何だか長く感じるな~と思ってたら、今日が金曜だったという衝撃の事実。え?本当に?木曜を過ごしたっていう記憶がないんです。記憶を操作されたのかもしれないと思って、映画やアニメみたいに自分が自分宛てに書いたメッセージが隠されてないか部屋の中を探しちゃいました。もちろんメッセージは出てこなかったんですけどね。

そんなモヤモヤ感はさておき、思い出の機種シリーズいきましょうね♪前回の花火・爆釣の続きのような感じです。

2001年からAT機が全盛期になり、その年の終わりにはST(ストック)機が出てきました。ST機がわからない方は、グーグル先生に質問しちゃおう(また丸投げだー)
今みたいにネットで情報が流れてこなかったので、新台初日のキングパルサーを一生懸命回していたのは私です

2002年もAT機やST機で盛り上がっている中、さらに時代に逆行して私がハマった機種は

サンダーV
詳細はこちらのサンダーV専科様が書いてくださってますね。

パチスロにおける初予告音、初リールフラッシュ、初3連図柄を搭載した画期的なマシーンなんですよ。リプレイハズシはビタ押し必須。しかも、通常時も気を付けてないとスイカを取りこぼすこともありました。スイカは15枚役なので、一回失敗するとマイナス300円の損失。チロルチョコが30個(当時は10円)、うまい棒30本買えてしまいます(子役補正機能があるので、丸々取りこぼしではないようでした)。あと、台によって予告音が小さくて聞き取りにくいことがありましたが、それも懐かしい思い出です。

サンダーをよく打つようになったのは、とある郊外店のイベントを発見したからです。決まった曜日に6台のサンダーに、設定2・4・6と設定1・3・5の札が三枚ずつ刺さっていて、本当に6があったんですよ。しかも、郊外店でライバルが皆無でした。
そんなこともあり、4号機のノーマルタイプでどの機種が一番好きかと聞かれたら『サンダーV』を挙げますね。

サンダーにもハマってたんですけど、ネットのグループチャットにハマっていたのもこの頃でした。そのチャットの中でオフ会があって、いいな~って思う感じの人と仲良くなったのです。
しかし、その人がギャンブル嫌いだったために、私はある行動に出るのですが……。それはまた次回に続く予定の方向で?

本日も閲覧いただきありがとうございました♪
にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
ビタ押し上達祈願のポチをお願いします☆彡

-----sponsored link-----