病院の待合室で堂々とGL本を読んでいるブロガーが運営しているブログはこちらです。表紙が普通の漫画っぽく見えるから平気平気……かな。

それはさておき、完結編いきましょう。

鬼ノ城の西門からは舗装された、非常に歩きやすい道になっていました。高齢の観光の方たちや、犬を散歩させてる地元の方もいました。正規のスタート地点がこんな感じです。

DSC_0735
 大きい駐車場で、車もそれなりに停まってました

ちょっとした資料館があったので、それを見て帰りのルートを考えていると『鬼の釜』という看板が見えました。え?鬼の釜?これは行くしかない。スタート地点からちょっと離れた所に

DSC_0736
 温羅(鬼のBOSS)が使用したらしい 

ここに来るまでに正規のスタート地点から離れてしまったんですよ。そうしたら、ふと悪魔の囁きが聞こえましてね。

このまま下って、山沿いに歩いたら最初の地点に着くんじゃない?

目的を果たした気の緩みと、再度断崖絶壁を下るのが面倒になったため上記の作戦を決行。とりあえず、ひたすら歩くことにしました。
ちなみにここまでのカロリー補給は偶然バッグに入っていたお饅頭と一個と、うどんキャラメル数粒。あんころ餅はいざとなった時のために、まだ温存してました。

DSC_0738
 自販機もない、街頭もない……

途中で数台の車とすれ違ったくらいで、こんな所を歩いているのは当然私だけでした。道端には100Mごとに小さいお地蔵様が並んでいて、ちょっと怖い感じ。それでも、ひたすら下っていくと 

DSC_0739
ウォータースライダーのある公園

大きな公園を過ぎて、 集落を抜けて、最終手段でスマホのグーグルナビを頼りに歩きました……

DSC_0706
 ※写真は使い回しですが、こんな感じの所で路頭に迷いました

スマホの電池はどんどん減って、お店も交番もない。しかも、風は強くなってきて雨が降りそう。もう、これは……

ギブアーップorz

結局どうなったかと言いますと、偶然、田んぼにいた農家の人に経緯を説明したら、正規のスタート地点まで車で送ってもらえることになりました。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。本当にありがとうございました。

自業自得、因果応報、その2つの言葉を噛みしめながら再度、断崖絶壁を下って帰路に着くのでした、。
DSC_0740
あたしって、ほんとバカ

聖地巡りをして地元の方に迷惑をかけるとか、本当に最低です。みなさんはそうならないように、気を付けましょう。
にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村
-----sponsored link-----